ご挨拶

早稲田大学アルティメット部部長・稲門アルティメット会会長 

早稲田大学スポーツ科学学術院教授 松岡宏

日頃、当部の活動に絶大なるご支援・ご指導を賜り誠にありがとうございます。

 

昨年は、新型コロナウィルスの世界的な大流行に見舞われ、全国の大学アルティメット関係者にとって最大の目標である、第31回全日本大学アルティメット選手権大会をはじめとする公式戦のほぼ全てが中止となりました。

 

大学選手権大会中止は、大会主催者である一般社団法人日本フライングディスク協会が関係各方面とも綿密な協議を行い、熟慮を重ねた上での苦渋の決断であります。改めて申し上げるまでもなく全国各地で様々な競技の大会が中止されている状況を鑑みれば大会中止はやむを得ないものでありますが、男子は平成30年、令和元年に続く三連覇、女子は前年度全国3位の余勢を駆って初優勝を目指して部員一同邁進する中、創部以来の痛恨事となりました。とりわけ昨年度がラストシーズンであった当時の4年生の落胆を思うと、今もってかけるべき言葉も見当たりません。

 

新型コロナウィルスについては今後も国内外ともに予断を許さない状況でありますが、スポーツ界ではコロナ禍での大会実施のノウハウが随分と蓄積されました。当部も新年度早々に開催されますドリームカップ(本邦最大の非公式戦大会)出場のため、大学当局に合宿・遠征届を提出いたしました。心機一転部員共々一層精進して参りますので、引き続き一層のご支援・ご指導の程重ねてお願い申し上げます。

 

早稲田大学アルティメット部副部長・稲門アルティメット会副会長 

早稲田大学理工学術院教授 古井健二

平素より、当部の活動に絶大なるご支援・ご指導を賜り誠にありがとうございます。 

 

昨年は、新型コロナウィルス感染が地球的規模で拡大し、世界中の人々の生活に多大な影響を与え、大小さまざまなスポーツイベントが相次いで中止に追い込まれ、全日本大学アルティメット選手権大会もその例外ではありませんでした。男子は三連覇、女子は初優勝を目指して真摯にアルティメットに取り組む中、残念の一語に尽きます。私自身当部のOBですので、大学選手権大会中止の知らせと同時にOBの間で落胆の同心円が広がる渦中におりました。

 

さて、上述の通り私は当部OBでありますが、OB会稲門アルティメット会について申し述べますと、理事長の上西義之(平成11年理工学部卒)、副理事長の石井哲(平成11年理工学部卒)はいずれも同期生です。

 

今年度も卒業生・在校生共々一層精進して参る所存ですので、各位におかれましては引き続き一層のご支援・ご指導の程重ねてお願い申し上げます。

Facebook
Twitter
Blog